ダイアモンド1カラット

婚約する方法とそのメリットとは

婚約と仕事

婚約方法は口約束だけでも成立

婚約には特別な書類の届け出等は必要ありません。
お互いの口約束だけでも成立するものですが、
両親への挨拶そして承諾、もしくは友人に立ち会って
もらい証人になってもらう等の取り交わしをしておけば
婚約破断になったときに慰謝料を請求する権利を
活用できますので、将来をお互いに固めるということの
力を発揮してくれることでしょう。

婚約のメリットとは

上述したように、婚約を取り交わすことで慰謝料の
請求が可能になります。浮気をされた場合、浮気相手が
婚約中であることを知っていながら浮気したとなれば、
その浮気相手からも慰謝料を請求できることも。
婚約するということは、お互いの人生をある程度ロック
できるのがメリットなのです。

自動的に婚約したことになるケースとは

もしプロポーズをしたとして、了承を貰った時点で
婚約成立ということになります。上述したように両家への
結婚の意志を伝えることで、それはより確定的になります。
そしておのずと結婚(入籍)するまでの間は、
婚約期間ということになります。婚約の儀式をしたつもり
はなくても、結婚式場の予約や、入籍の計画を持ち込んだ
時点で婚約となりますので心得ておきましょう。

婚約指輪を渡す時期とは

一般的には、結婚を申し込む際に婚約指輪を渡すものです。
しかし、なんとなく結婚しようか、という口約束を先に交わして
しまうケースもありますよね。実は私の場合もそうでした。
結婚するとなると共有財産になりますので、婚約指輪に
むやみにお金をかけてしまうより、家財道具や結婚資金に
回して欲しいという希望がありましたので、特に婚約指輪を
用意してほしいとおねだりしたことはありませんでした。
さり気なく、指輪が欲しいかどうか聞いてみると良いでしょう。
意外と、安いものでいいから、資金は結婚資金に回そうと
計画的に申し出てくれるフィアンセかもしれません。

 

ご意見投稿